事前の下調べをしたうえでスムーズな医院開業を目指そう

サイトマップ

聴診器

医院開業を成功させるためには場所選びが大切

医師免許を持っていれば、病院に勤めてサラリーを貰うという勤務医という働き方だけではなく、医院開業させて自分が経営者になるという選択肢もあります。
勤務医は安定してますがあくまでも雇われの身、収入はそのうち頭打ちになってしまいます。
一方開業医であれば、うまくやれば勤務医より大きな収入を得ることが可能なのです。
しかし、自分の親が開業している医院や地盤があるがあるならまだしも、一から自分の力だけで開業するというのはなかなかハードルが高いものです。
今回は医院開業させて軌道に乗せるまでに気を付けておきたいポイント、場所選びについて考えていきましょう。
なぜ場所選びが大切なのか?それは「開業がうまくいくかどうかは医師としてのスキル以上に開業する場所によって大きく変わってくる」からです。
医院開業するにあたり「どんな患者さんに来てもらうか?」というポイントは必ず押さえておきたい所です。
子供がいないところに小児科を開業してもダメですし、若い世帯が多い場所に循環器内科を作ってもそれほど収益は望めないでしょう。
専門とする分野がどんな人たちに求められているか、ということは誰よりも知っているはずですから、事前に調査をしっかりと行い、ターゲットにする患者さんが多い所に開業しましょう。
なお郊外に開業するのであれば駐車場は必須です。

医院開業で押さえておきたい立地選びのポイント

医院開業を成功させるためには、開業して十分な数の利用者が集まる場所を選ぶ必要があります。そのためには、候補の土地をいくつか見つけて、更に、既に開業済みの医院の分布を事前に徹底的に調査する必要があるでしょう。
また、利用者数が十分に見込める場所であっても、医師自身が自宅から通いにくい場所では、通勤の不便さで自分が困ることになります。自宅を併設するなら話は別ですが、そうなると、医院開業にかかる費用もその分大きくなるため、慎重な考慮が必要です。
ねらい目の土地を見つける一つのコツは、ファミリー向けマンションが続々と新しく建設されているエリアです。ファミリー向け物件に入居する家族には、大抵の場合、小さなお子さんがいます。小さな子どもは、とかく頻繁に病気にかかるため、そうしたエリアで小児科の医院を開業すれば、利用者が途切れることはないでしょう。そして、自分自身、来る日も来る日も患者さん対応に追われ、自分の医師としての専門能力や、経験を有意義に生かすことが出来ている実感を味わえるはずです。
医院開業にあたり、成功できる立地選びのコツは、十分に患者さんが集まる見込みがあることと、他に競合する医院がない、或いは少ない場所を選ぶことです。

医院開業ではスタッフの採用は慎重に

医院は、医師一人で運営できるものではありません。最低限、事務の担当者と看護師は、どうしても必要になるでしょう。しかし、開業にあたり、最初から正規職員の扱いで、こうしたポジションのスタッフを採用するべきかどうかは、検討の余地があるでしょう。
その理由は、新規の医院開業から当分の間は、そもそも安定的に何人程度の患者さんが集まるか、把握するのが困難です。もし、当初の想定よりも極端に少ない人数しか来ない場合は、事務に1人、看護師1人で間に合う可能性があります。反対に、想像以上に多くの患者さんが来るようであれば、事務と看護師をそれぞれ数名ずつ採用しなければ間に合わないかもしれません。
スタッフの必要人数を決める明確な根拠がないうちは、必要最小限の人数を、パートタイマーという扱いで採用しておく方が無難でしょう。医院開業後、経営を危険にさらす一つのファクターは、高額の人件費ですので、この点は、いくら注意しても、し過ぎるということはありません。
新規医院開業に関しては、不確定な要素が非常に多いですので、何事によらず、フレキシブルな対応が出来る選択肢を選ぶことが大切です。スタッフ採用も、まさにその一つのいい例と言えるでしょう。


オーダーメイドの開業!医院開業なら医療事業株式会社の「オクスアイ」がおすすめです。目指す医療の実現やライフスタイルに合わせた開業で子育てとの両立もできます。

Article

Update Post

»一覧へ

Copyright © 2019 事前の下調べをしたうえでスムーズな医院開業を目指そう All Rights Reserved.